野生動物

2017.09.09


今日の散歩では、車にひかれたヘビを数多く見た。

たった1キロの道に9匹もの死骸があり、なぜか全部が幼蛇だった。

山の急斜面と渓流に挟まれた道だが、山で生まれたのが川に向かったのか、あるいはその反対か。

背景には、何らかの習性があるように思える。

 

山里ぐらしは虫や野生動物が多い。

わが庭は毎日のように大型の蝶が舞う。

一番多いのがカラスアゲハ。

 

これはクロアゲハかな。

同定出来ないが、別種の黒いアゲハも現れる。

 

今朝は大型の蛾が庭に降りていた。

開翅長15センチほどのヤママユガ。

 

集落周辺はイノシシが多いそうで、田畑の全部が高圧電線で囲んである。

まだイノシシには出会っていないが、夜になると、この借家の庭にも現れるらしい。

毎日夕方になると、イノシシ追いのロケット花火の音が聞こえる。

 

リスやイタチも見た。

周辺の廃屋にはハクビシンが住んでいて、トウモロコシ畑などは「ほとんどが食べられてしまう」という。

自然が豊かだと害獣も多くなる。

PAGE TOP

Menu