激辛唐辛子

2017.09.06


柚子胡椒を作るために、激辛唐辛子の下処理をした。

市販の柚子胡椒は塩分が強すぎるので、毎年、自分好みのを手作りしている。

 

今日は、激辛唐辛子の種を取り除き、粗く刻んで塩漬保存した。

柚子が手に入ったら、フードプロセッサーで柚子皮と混ぜ合わせて、半月ほど熟成させれば完成である。

 

種を取って刻むだけの作業だが、けっこう危険である。

激辛唐辛子の辛味成分は、毒ガスとして使用されたこともあるほどに、刺激が強い。

部屋の窓を開放して換気を確保したうえに、ゴム手袋にマスクとゴーグルを着用するのが無難だ。

素手で作業したら、「指先が辛くて眠れない」夜を迎えることになる。

慣れたこともあって、今回はマスクとゴーグル無しで作業したが、涙とクシャミを連発させてしまった。

 

特に注意しなければならないのは、刻んだまな板や、フードプロセッサーを水洗いする時である。

用具に水をかけた瞬間に、何らかの化学反応が起きるようで、一気に毒ガスがたちこめる。

これを予測せずに、うつむき加減の姿勢で臨めば、突然呼吸困難に襲われる。

激辛唐辛子をかじった時の刺激とは全く別種の、恐ろしい息苦しさである。

初めての方はご用心。

PAGE TOP

Menu