庭の古池

2017.07.11


借家の庭に古池がある。

 

水は、アオミドロが繁殖して、汚らしい緑色。
時々、魚の赤い背中がボンヤリと見えるが、金魚なのか鯉なのか、判別できない。
近づくと水中に消えるから、長いこと放置されて野生に戻ったのだろうか。

注水の配管はあるが、何年も水を入れていないようである。
水はどこから引いているのだろう。
塩ビパイプをたどって、水源を探した。

 

パイプは渓流の石垣を横に這わせているが、その途中が折れている。
石垣を昇り降りする、釣り人が踏んだのだろうと思う。

さらにその先は、橋桁下を通して、川向うまで伸びている。


対岸の田んぼは、こちら側より高いから、向こうに水源を求めたようだ。

 

塩ビ管と一緒に、電線コードが見えているのは、借家の先住民が橋の下で遊んだ痕跡だと思われる。
塩ビ管は、途中で土中に埋まったり、草が生い茂って見えないから、繋がりをたどるのに手間取った。
もう一箇所外れているところがあって、これは簡単に繋ぎ直せた。

 

塩ビ管の最終部分は、水路に添って横倒しに置かれていたので、これを水路に入れた。
そばの草むらに、おあつらえ向きの石が置いてある。
なるほど、これを塩ビ管に載せて、沈めるのだな・・・
先住民の意思が伝わってくる。

 

塩ビ管に水が流れ込んだので、橋を渡って、折れた配管のところへ戻った。
折れた部分から、勢い良く水が出ている。


よしよし、あとはここを繋げば池に水が入るぞ。

 

池に水を入れると、じきに満水となって、庭にあふれ出した。


これで注水を止めれば、水は汚いままになる。

 

池には排水管が見当たらない。
かけ流しシステムになっていないのだ。
必要な都度、水を入れ替えていたと思われる。

 

塩ビ管の脇から、池の中に入っているビニールホースがある。
たぶんこれに水中ポンプを付けるか、サイフォンにして、石垣下に排水したのだろう。
サイフォンにするには、ホースが短すぎるので、借家の軒下に落ちていた正体不明のプラスチックホースを加工し、ビニールホースに繋いだ。

 

ホース内を水で満たし、先端に石をくくりつけて池に沈めると、思惑通りに石垣下への排水が始まった。

 

ホースが細いので、池の水位を下げるのに、長い時間がかかる。
排水と注水を何度か繰り返すと、徐々に水が透明になった。

動きのなかった緑色の水たまりが、錦鯉と朱鮒が泳ぎ回る池に大変身。

PAGE TOP

Menu